• 管理者ページ
  • 古典・現代文を解りやすく解説してしまう、少し変なサイト 中国の思想・歴史書

    ~ボツヂル古文・漢文・現代文~

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告 | --/--/--(--) --:--:--

    「項羽の最後」・項羽本紀 『史記』より 2

    gekko.jpg


    さて、垓下に立てこもった項羽たちは、周囲を漢軍と諸侯の軍に取り囲まれている。

    前方の韓信の30万軍をはじめ、中央には劉邦の軍がいて、どうにもならない。

    夜、四方を囲む漢軍の陣営から歌声が聞こえてきた。

    漢の国の軍隊なのに、みな楚の国の歌を歌っている。

    これは、項羽の国である「楚」の国の人間の多くが寝返って漢軍についたことを意味する。

    「四面楚歌」を聴き、項羽は敗北を意識した。

    これも張良の戦略と言われている。


    その夜、項羽は、最後の酒盛りで、

    愛馬「騅(すい)」と、愛人「虞(ぐ)」にエレジー(哀歌)を捧げたあと、

    暗闇の中、包囲網を突き破って馬で駆ける。

    従ったのは800騎の兵たち。


    進路を東にとり、東城についた。

    追っ手と戦って騎兵は減り、

    この時すでに、28騎しか残っていなかった。

    追っ手の漢軍は、数千騎。

    川の渡し場に船を用意している者がいた。

    「どうか大王様、急いでお渡りください。いま、私だけが船を持っています。

    漢軍がやって来ても、渡る方法はありません。」

    項羽は、笑って答えた。

    「天が私を滅ぼそうとしているのに、どうしてそれに逆らって渡ろうか。」

    項羽は、その男に愛馬を託すと、兵を下馬させ短剣での接近戦をさせた。


    hien.jpg


    項羽ひとりで、数百人を仕留めたが、自らも十数ヶ所の傷をおった。

    振り返ると、敵の騎兵隊長の呂馬童(りょばどう)がいた。

    「おまえは、私の幼なじみではないか!」

    呂馬童は顔をそむけると、

    「ここに項羽がいたぞ。」と傍らに告げた。

    項羽は観念した。

    「私の首には、莫大な賞金がかかっているそうだな。

    おまえに、恩恵を施してやろう。」

    そう言うと、項羽は自ら首をかき切って、自決した。


    教科書の文は、ここで終わっていると思うが、その続きはこうだ。

    漢軍の騎馬兵たちは、項羽の死体に群がり、亡骸の奪いあいをする。

    同士討ちで十数人の死者がでた。

    項羽の亡骸は、5つに引き裂かれ、それを手にした呂馬童たち5人は、

    「楚」の国を5分割して与えられ、諸侯になった。

    5つの肢体を合わせると、項羽のそれに間違いなかった。


    ・・・これが司馬遷の『史記』の記述だ。

    すごいだろう。


    raiden.jpg


    *句法のポイント*

    1・「我なんぞ渡ることをなさん」 どうして江を渡ろうか・反語

    2・「縦ひ彼言はずとも、籍 独り心に愧ぢざらんや」 

    もし彼らが口にしなくても、どうして私は心に恥じずにいられようか・仮定+反語

    3・「すなわち騎をして、皆馬を下りて歩行せしめ」

    そこで、騎兵を皆、馬から下りてあるかせ・使役

    *使役はテストで特に狙われる。送り仮名は、必ず「~しめ」とか「~しむ」にしないと点にならないので注意だ。


    ///////////////////////////////////////////////////////////////////////
    スポンサーサイト
    中国の思想・歴史書 | コメント(0) | 2007/05/25(Fri) 17:10:50

    「鴻門の会」・項羽と劉邦 『史記』より 1

      

    main-c05.jpg


    万里の長城を作った秦の始皇帝は、「北斗の拳」でいえば、

    ラオウのような恐怖政治で中国全土を支配した人物だった。

    人民を治めるために、人民が震えあがるような刑罰を行使した。

    書物は焼き払う法律を作り、政治に口出しする460余人の学者を生き埋めにした。


    その始皇帝の天下は、あっけなく終わり、

    次に天下を取る者の攻防が繰り広げられていた時代に出た二人のヒーローが項羽と劉邦だ。

    西洋では、ローマ帝国がマケドニアやカルタゴと激しく争っていた紀元前の物語である。


    大本命は楚の国の項羽であった。

    劉邦は、離れた2番手でしかなかった。

    「鴻門の会」の時の軍勢は、項羽軍40万に対し、劉邦軍は10万。

    ところが、様々な「運」だとか「二人の性格」が絡み合い、

    まるで、天が項羽を退け、劉邦を選んだような結末になっていくのである。


    さて、始皇帝亡き後の秦国を制圧するには、

    函谷関(かんこくいかん・軍事上の重要な関所)を占領する必要があった。

    項羽より先に、函谷関を占領してしまった劉邦は内部の裏切り者(曹無傷)に

    「劉邦は、関中の王になるつもりだ」と讒言される。

    怒った項羽は、劉邦の軍を撃とうとする。


    そこで、劉邦の参謀(戦の作戦を作る人)である張良(中国史上最高の天才軍師)は、

    「劉邦は、関中に乗り込んで、項羽将軍をお待ちしていたのです。

    函谷関を守備させたのは、他の盗人の出入りを防ぐためでした。」

    という仲直りの飲み会を企画した。

    これが「鴻門の会」だ。


    項羽の参謀であった范増(はんぞう・亜父とは父に次ぐほど尊敬に値する人の意)とて天才である。

    張良の作戦も劉邦の資質も見抜き、宴会の席で劉邦を殺してしまえと項羽に三度合図するが

    まぁ、いいではないかと、余裕しゃくしゃくの項羽は応じない!

    そうこうしているうちに、劉邦のボディーガード樊噲(はんかい)はやって来るし、

    肝心の劉邦は、便所に行くと言って席を立ち、そのまま無事に帰ってしまった(これも張良の作戦)


    0119_thumb.jpg


    なぜ、「鴻門の会」が重要な出来事なのかといえば、

    ここに二人の運命を左右する予兆が書かれているからだ。

    簡単に言えば、項羽は自分の力を過信しすぎた。

    それに対して劉邦は、情けないと思えるくらい張良の案に従う。

    「自分を過信した人間」と「衆知を集めた人間」の差を、史記の著者・司馬遷は克明に語っていく。


    劉邦が帰ってしまった後、范増は怒りをあらわにして、

    おきみやげの玉斗(酒をすくう杓子)を剣で突き割り、

    「ええい、青二才め。いっしょにやっておれんわ!・・・わしらは、やがて奴の捕虜になるだろう」と吐き捨てた。

    剣舞をした項荘の失敗を、なじるかたちで項羽を非難したセリフと言われている。

    范増は、こののち、項羽のもとを去る。

    後に「四面楚歌」の舞台になる垓下に立てこもった時には、

    項羽の軍は、わずか11万だけになってしまうのである。


    ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
    中国の思想・歴史書 | コメント(1) | 2007/05/25(Fri) 17:10:07
    03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -

    無料 アクセス解析RMT

    プロフィール

    Anne-Grand

    Author:Anne-Grand
       
    ネットには大した学習サイトなんかないぞ(ココのことだ)

    ゆっくりしか更新できないんで、テスト前は図書館に行って調べよう
     

    最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    月別アーカイブ

    カテゴリー

    ブロとも申請フォーム

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    アフィリエイト

    FREE

    FREE

    FREE

    INFORMATIONS

    管理者ページ
    RSS1.0

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  • e_04.gif banner_02.gif 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング 有名ブログ☆ランキングへ

    ランキングオンライン