• 管理者ページ
  • 古典・現代文を解りやすく解説してしまう、少し変なサイト 2007年06月12日

    ~ボツヂル古文・漢文・現代文~

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告 | --/--/--(--) --:--:--

    形容詞と形容動詞

     




    形容詞と形容動詞は、ポイントさえ押えればカンタンだ。

    よく、「く・から・く・かり・し・き・・・」と暗記させる教師・講師がいるけど、

    ナンセンスだよ、その覚え方は。

    「く・く・し・き・けれ・○」 と 「から・かり・○ / かる・○・かれ」と、

    2通りに分けて覚えなければ実戦で使えない。

    実戦で使えないものは、役にたたない。

    で、形容詞の活用が なぜ2通りあるのか、皆 説明できるかな?

    たとえば、「ありがたきもの」 と 「ありがたかりけり」 の違いだ。

    これがテストにでる。

    見分け方はカンタン。下に助動詞が付いていれば 「カリ系」になる。

    「ありがたかりけり」 は、下に「けり」という助動詞が付いているから、

    「ありがたかりけり」になるだけだ。


    もうひとつのポイントは、「~を~み」の訳し方。

    これも覚えてしまえばカンタンだ。

    「~が、~なので」と訳す。

    「山を高み・・・」 は 「山が高いので」となるわけだ。


    1168775747621.jpg


    形容動詞もカンタンだ。

    「なら・なり・に・なり・・・」なんてバカな覚え方は捨ててしまおう。

    「なら・に・なり / なる・なれ・なれ」 と活用するんだぜ。

    連用形が「なり」になるのは、下に助動詞が付く時だけ。


    形容動詞は、「意味」を問われることが多いので、テキストに出てくるものは、みんな覚えてしまおう。

    現段階で、その程度の量が覚えれないと、古文を読むことはおろか、入試でもクジけるぞ。


    1166446525078.jpg


    がんばれよ。


     
    スポンサーサイト
    文法 | コメント(1) | 2007/06/12(Tue) 12:36:24
    05 | 2007/06 | 07
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    無料 アクセス解析RMT

    プロフィール

    Anne-Grand

    Author:Anne-Grand
       
    ネットには大した学習サイトなんかないぞ(ココのことだ)

    ゆっくりしか更新できないんで、テスト前は図書館に行って調べよう
     

    最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    月別アーカイブ

    カテゴリー

    ブロとも申請フォーム

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    アフィリエイト

    FREE

    FREE

    FREE

    INFORMATIONS

    管理者ページ
    RSS1.0

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  • e_04.gif banner_02.gif 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング 有名ブログ☆ランキングへ

    ランキングオンライン