• 管理者ページ
  • 古典・現代文を解りやすく解説してしまう、少し変なサイト 土佐日記・帰郷

    ~ボツヂル古文・漢文・現代文~

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告 | --/--/--(--) --:--:--

    土佐日記・帰郷

      
    060120_002387_1.jpg

    ピンポイントでいく。

    「家に預けたりつる人の心も、荒れたるなりけり」
    (家だけではなく)家を預けておいた人の心も、あれはてていたんだなあ。

    古典の訳は、すこし変に感じても、文法を意識して訳すほうがいい。
    特に初学者は、意訳をさけたほうがいい。

    「中垣こそあれ、一つ家のやうなれば、望みて預かれるなり」
    仕切りの塀はあるが、ひとつの家のようなものだから(と言って)、(お隣さんが)望んで預かっていたのだ。

    「今宵、かかること と声高(こわだか)に、ものも言わせず」
    (出張先から帰ってきた)今晩、こんなこと(に出くわす)なんて(あんまりじゃないか)、と(従者に)大声で文句を言わせたりもしない。

    061210_003664_2.jpg

    ここらへんが、特に分かりづらい箇所だろう。
    貴族は基本的に、マネージャーや衣装係や、その他の係と共に行動する。
    貫之も、団体で旅をしてきたわけだ。
    従者のなかには、乳兄弟とかで、親友のような間柄もあったりする。

    彼らは、口々に「あ~ヒドイ」とか言っている。その中のひとりがキレて、「近所にも聞こえるように、わざと大声で文句を言ってやりますよ」などと言い出したのかも知れない。
    「よせよ、お隣さんは確かに薄情なヤツだが、家の管理を頼んだんだから、礼はしようと思っている・・・」
    貫之は、怒りや落胆を胸にしまった。
    2月の、月が明るい夜だった。

    061210_003664_1.jpg

    必ず問われるのが「中垣こそあれ、~」の文法だ。

    「係り結び」の「結び」は、文の終わりという意味。
    ところが、そこで文が終わらず、続いていくパターンがある。
    これを「係り結びの流れ」という。

    めんどうな事はない。
    「こそ~已然形」で文が終わっていなければ、「逆説的に訳す」だけの話だ。
    中垣があるからこそ、ではなく
    中垣があるのだが、となるわけだ。

    以下、つづく・・・

      
    スポンサーサイト
    日記文学・平安 | コメント(1) | 2007/06/04(Mon) 17:43:24

    コメント

    このコメントは管理者の承認待ちです
    【2007/06/06 21:11】 | #[ 編集]
    ↑top

    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する

    ↑top
    03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -

    無料 アクセス解析RMT

    プロフィール

    Anne-Grand

    Author:Anne-Grand
       
    ネットには大した学習サイトなんかないぞ(ココのことだ)

    ゆっくりしか更新できないんで、テスト前は図書館に行って調べよう
     

    最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    月別アーカイブ

    カテゴリー

    ブロとも申請フォーム

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    アフィリエイト

    FREE

    FREE

    FREE

    INFORMATIONS

    管理者ページ
    RSS1.0

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  • e_04.gif banner_02.gif 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング 有名ブログ☆ランキングへ

    ランキングオンライン