• 管理者ページ
  • 古典・現代文を解りやすく解説してしまう、少し変なサイト 『土佐日記』 ・ 「門出」

    ~ボツヂル古文・漢文・現代文~

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告 | --/--/--(--) --:--:--

    『土佐日記』 ・ 「門出」


    99010358.jpg



    『土佐日記』 を理解するにはコツがいる。

    ひとつ目は、平安前期には、まだ「かな文字文芸」が認められていなかったため、

    紀貫之はギャグを連発し、茶番劇を装ってリリースしたということ。

    これが分かっていないと、冒頭から読み間違う。


    「おとこの人も書くトカ聞いてる(かな書きの)日記というものを(ゲラゲラ)

    おんなも、やってみようと思って、やるんだよ(ゲラゲラ)」

    この書き出しの構想には、ずいぶん苦労したと思う。

    普通なら男子たるものが、日記を仮名書きで書くというだけで眉をひそめられた時代である。

    どうしたら、批判をかわして受け入れられるのか。

    貫之は、ギャグを使うことにした。

    そして、成功するのである。


    「古今集の編集長は、お笑い系の人だったんだ~」

    はじめは、それだけの認識しか、なされなかったかも知れない。

    だが貫之の英断は、のちの「蜻蛉日記」や「和泉式部日記」を生む土壌を作っていくことになる。


    二つ目は、ギャグ日記の体裁を取りながらも、『土佐日記』の中軸を成しているのは、

    出張先の土佐で亡くした女児を想う気持ちだという事。

    当時の常識では、男が書くべき内容ではない。

    この無常観は、のちに「もののあはれ」となって『源氏物語』で大輪となって花開く。


    sloopy028.jpg


    さて、本文を少し読んでみよう。


    「それの年の師走のはつか余り、ひとひの日の戌の時(夜の8時)に門出す」


    出発したのは、夜8時、オカシイと思った人は気が利いている。

    電灯もなく、夜行バスもないのに、何が悲しくて冬の夜に出発しなければなかっったのか?

    そう、これは「方違へ」(かたたがえ)といって、出先が不吉な方角に当たる場合、

    仮の宿で一泊して方角を変え、あらためて朝に出発しなおす当時の習わしだ。

    たいがいは、近場の女ともだちの家に泊まった。


    「・・・はつかあまりふつか、和泉の国までと、平らかに願立つ」

    旅の無事を神様に祈願しているんだが、通過点の和泉の国までしかしていない。

    これは神様には、もともと「なわばり」があって、海の神・安産の神・受験の神と、

    用途に合わせて別々に祈願するという理由から。


    「藤原のときざね、船路なれど、むまのはなむけす(ゲラゲラ)」


    船旅で、馬に乗らないのに、馬の鼻向け(餞別)をしてくれた、というオヤジギャグ。

    これから沢山でてくるギャグにとらわれると、土佐日記の本質を見失うぞ。


    「・・・潮海のほとりにて、あざれあへり(ゲラゲラ)」


    「あざる」は掛詞で、「ふざける」と「腐る」の意味がある。

    「海のほとりで、(防腐剤の塩があるのに)腐って、ふざけあっている」と訳せばいい。


    短い冒頭の文だけでも、当時のしきたりや貴族の暮らしがよく分かる。

    古典を読むには、知識だけではダメで、想像力がものを言う。

    誰かが転勤するとなると、知らない人までやって来て大騒ぎする。


    上流貴族(大臣クラスと中納言まで)

    中流貴族(大弁・中弁・少弁と少納言まで) 読み方は各自工夫して読んでくれ。

    ちなみに中弁は「ちゅうべん」と読む。

    ココまでが「殿上の間」(でんじょうのま・天皇のリビングルーム)に入れる貴族だ。


    ついでに言っておくが『枕草子』を書いた「清少納言」の位は「少納言」ではない。

    「少納言をしている清さんの奥さん」という意味で「清・少納言」と呼ばれていただけだ。

    当時の女性の呼び名は、そんなものだった。


    下級貴族とは六位以下で、殿上の間に上がれない連中のこと。

    蔵人(くろうど)だけは、天皇の付き人係りなので、例外的に殿上人だが、

    「あやし」「いやし」「いふかいなし」の下衆の者といわれるのが、このクラス。

    これら身分の上中下すべての者が酔っ払って、じゃれあい、まことに見苦しい送別会をしたわけだ。

    まあ、古今東西の貴族(金と権力を持った俗人)は、みな似たような行動をする。


    ////////////////////////////////////////////////////////////////////////


    文法上のポイント

    助動詞には、ふたつの「なり」があって、よくテストで問われる。

    「男もすなる」・・・伝聞・推定の「なり」と、

    「してみむとてするなり」・・・断定の「なり」だ。

    見分け方は、上にある言葉でする。

    どちらもサ変動詞の「す」が上にあるけども、

    終止形の「す」の下には伝聞・推定の「なり」が来る。

    連体形の「する」の下には断定の「なり」が来る。

    覚え方は、「終・伝・ナリ」と「体・断・ナリ」と暗記すればいい。

    ただし、ラ変動詞の連体形が上に来たときは例外で、

    伝聞・推定の「なり」になる事も、余裕があれば覚えておこう。


    //////////////////////////////////////////////////////////////////
    スポンサーサイト
    日記文学・平安 | コメント(3) | 2007/05/22(Tue) 23:28:03

    コメント

    このコメントは管理者の承認待ちです
    【2008/02/27 23:07】 | #[ 編集]
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    【2011/01/25 06:44】 | #[ 編集]
    このコメントは管理者の承認待ちです
    【2012/05/23 02:49】 | #[ 編集]
    ↑top

    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する

    ↑top
    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    無料 アクセス解析RMT

    プロフィール

    Anne-Grand

    Author:Anne-Grand
       
    ネットには大した学習サイトなんかないぞ(ココのことだ)

    ゆっくりしか更新できないんで、テスト前は図書館に行って調べよう
     

    最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    月別アーカイブ

    カテゴリー

    ブロとも申請フォーム

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    アフィリエイト

    FREE

    FREE

    FREE

    INFORMATIONS

    管理者ページ
    RSS1.0

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  • e_04.gif banner_02.gif 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング 有名ブログ☆ランキングへ

    ランキングオンライン